こんな寒い日はビルギッタのブランケットで…
0
    暖冬だと言われていましたが、突然寒くなりましたねー。

    今日は体があたたまる、鍋料理鍋や熱燗酒をいただきたくなります。
    オーブン料理や煮込みシチューも考えましたが、どうも今日は「和」の気分です。
    福岡へ年始に帰省した際、みんなに「話題になってるよ!」とすすめられた「めんつなかんかん」を今日こそ開けてみようかな!
    明太子入りツナ缶で、おいしくてご飯がとまらないのだとか!?

    さて、こんな寒い日は、暖房だけでは足元が冷えてしまいますね。
    羽織ったり、ひざ掛けに、ほっこり暖まる北欧ブランケットがおすすめです。
    birgitta_largerqvist_blancket_grey500_3.jpg
    スウェーデンのビルギッタ・ラーゲルクヴィストBirgitta Lagerqvistさんがアトリエで一つずつ丁寧に作ったアイテムです。
    この時期、北欧といえばウールブランケットが人気ですが、洗濯に気を遣いますね。

    こちらはコットンで編まれたニット地なので、ふんわりしているのに扱いやすいのです。
    手触りはなめらか、伸びのよいニット地です。
    今月はセール価格での販売です。
    birgitta_largerqvist_blancket_grey500_5.jpg
    写真はライトグレー。落ち着いた色と、北欧らしいクロス柄がインテリアの邪魔をしません。

    羽織るとこんなサイズです。(カラー:レッド)
    birgitta_largerqvist_blancket_image_red_2.jpg

    寒さに負けないよう、しっかりあたたまってくださいね。

    北欧伝統のこもの店 グルーナルンデン

    JUGEMテーマ:北欧雑貨
    | 商品のこと | 13:42 | comments(0) | - |
    冬のアイテム、ビルギッタ・ラーゲルクヴィストBirgitta Largerqvistと、ミトンのレア本
    0
      11月に入りすっかり寒くなりましたね。
      また冬至も近づき、薄暗くなるのとなんだかクリスマスが近く感じてそわそわしてしまいます寒い

      スウェーデンの作家、ビルギッタ・ラーゲルクヴィストBirgitta Largerqvistさんの、ほっこり暖まるアイテムがスウェーデンから、昨日届きました。
      シェトランド・ウールのミトンリストウォーマー、クッションカバー、そしてコットン・ニットのブランケットです。
      検品のため箱を開けると、うわー!かわいい!と思わずため息が。
      birgitta_largerqvist_mittens_blog.jpg
      こちらは、ミトン(手袋)。シェトランドウール100%。写真以外にもあります。
      ミッドセンチュリーもののインテリアや、レトロファッションが好きな方には、一目ぼれアイテムです!
      シンプルなジャケットやコートと合わせてもかわいいですね。

      リストウォーマーは親指を入れる穴があります。
      オフィスなどでつけていたら、楽しくなりそうです。こちらもシェトランド・ウール。
      birgitta_largerqvist_writwarmers_blog.jpg

      そして、ビルギッタの人気アイテムといえば、ウール・クッションカバー
      うさぎ、ふくろう、スコップ柄。
      幾何学模様パターンなのでかわいすぎずにまとまっています。
      赤と黒のスコップ&フラワー柄は、まるで細かく手編みされたミトンのような雰囲気。
      birgitta_largerqvist_cushioncovers1_blog.jpg

      シンプルでどんなインテリアにもなじむライトグレーも。
      birgitta_largerqvist_cushioncovers2_blog.jpg

      そしてイチオシ!コットン・ニットのブランケットです。クロス柄が北欧らしいですね。
      コットンなので丸洗いでき、ニット地なのでふんわりやわらかいのです。
      さわった感じは、さらっとしているというより、ふんわりあったかいに近いです(個人の感想です)。
      ウールは手洗いや毛玉が気になりますが、その点コットンニットは日々の暮らしに使いやすいです。
      ベビー・ブランケットに最適。ひざ掛けにもぴったり。
      サイズは、130cm×90cmで、一般的なベビー用のミニ・ブランケットより大き目サイズです。
      birgitta_largerqvist_babyblancket_blog.jpg

      11月下旬に販売スタート予定です。
      イベント準備などの関係で作業まで少し時間がかかるため(生駒、金沢でイベント出店予定)。
      入荷数が少ないためお早目にチェックしてみてくださいね!
      販売スタートのお知らせメールをご希望の方は、件名、本文とも「ビルギッタ・ラーゲルクヴィスト販売お知らせ希望」として、当店までメールをお送りください。
      ※迷惑メール設定にご注意ください。当店よりお知らせが届かない場合があります。
      (メールアドレスは、info@に続けて、folkishproject.comです。この件以外でのお知らせは致しません)
      北欧伝統のこもの店 グルーナルンデン
      スウェーデンより、ミトンのレア本も入荷しました100 landskaps vantar

      タイトルの「landskapランドスカープ」は「地方」、「vantarヴァンタル」は「ミトン」のこと。
      スウェーデンの地方ごとにミトンのデザインが100種類、掲載されています。
      北欧の伝統柄が好きな方や、編み物、刺繍のインスピレーションにもおすすめです(編み図も)。
      スウェーデンではこの本は、実は、数は出ているのですが、すぐに高値で取引され、入手がなかなか難しい人気の本なのです。
      こちらも商品ページができたらぜひチェックしてくださいね。
      100landskapsvantar_sweden_mittens_book.jpg

      北欧伝統のこもの店 グルーナルンデン

      JUGEMテーマ:北欧雑貨
      | 商品のこと | 11:53 | comments(0) | - |
      ふかふかティーコゼとポットホルダー、リコッタチーズのクリームで一休み
      0
        秋晴れが気持ちよく、そしてヒンヤリした空気を感じる今日この頃です。

        連休初日に、軽い風邪をひき副鼻腔炎が再発してしまいました。
        細かいお話は改めて書きたいと思いますが、精油(アロマ)のティートリーとユーカリのスチームを洗面器で吸って…連休二日目には治りました!抗生剤をもらわずおさまったのは初です!

        記事の終わりに、リコッタチーズのふんわりシュガークリームの話を書いています☆
        ricotta2.JPG

        さて、今日紹介するのは、スウェーデンから届いたふっくらウールのティーコゼとポットホルダーです。
        ビルギッタ・ベングトソン・ビヨルク(Birgitta Bengtsson Björk)手掛けるビョルクデザインBjork Designのアイテムです。
        bjorkdesign_teacozy_g1_500.jpg

        ティーコゼというと、何だっけ?と思う方も多いと思いますが、英語でtea cozyのことです。
        それが「ティーコゼ」とは、ものすごいカタカナ変換ですね。
        テーブルの上のポットが冷めないようかぶせる「保温用のカバー」ポットカバーです。
        認知度が低いアイテムな気もしますが、急須にかぶせる小さなカバーというと、あれね!家にある!という方もチラホラいらっしゃるのでは?

        これは欧米のティーポット用なので結構大きなサイズです。
        色とポップなデザインで、インテリアのアクセントにもなりますね。
        写真のポット(実は「ヤカン」ですが我が家でティーポット代わりに使用しています)、容量1.5L、高さ約19cm、取っ手から注ぎ口まで約20cmほどありますが、かぶせるとすっぽり丁度いい具合におさまります。

        これとお揃いのポットホルダー(鍋つかみ)もあり、約20cmのサイズがあるのでポットマットや大判のコースター代わりに使う方もいます。
        ふっくらしたウールにドーナツ柄。
        これはテキスタイルメーカー・クリッパンKlippanのデザインナーでもあるビョルク自身がデザインした生地を使っています。

        かぎ針で編んだループ(ウールのポットホルダー

        周囲もぐるっと一針ずつ、丁寧な手仕事。
        見ているだけでもほっこりしますね。
        bjorkdesign_teacozy_g10_500.jpg

        コットンとリネンの混合糸を使ったポットホルダーもあります。
        こちらは、さらっとした手触りで季節感に関係なく年中使えます。(11カラーあります!)
        写真は、ポットホルダーをコースター代わりに。
        参考のカップは500mlという大きなティーカップです。
        ※ロールストランドのモナミのカップ、近日ショップで販売予定。
        bjorkdesign_cottonlin_g1_500.jpg

        さて、先日、テレビNHKで、イタリアのお菓子カンリーノの作り方や映画ゴッドファーザーに登場したことから文化的な背景など紹介がありました。
        小麦粉で作った薄い生地を揚げて、リコッタチーズのクリームを詰めるんだそう…
        おいしそう!

        でも、チーズ好きとしては、カンリーノよりもリコッタチーズのことが気になって頭から離れません!
        リコッタチーズは、ホエー(乳清)を煮詰めて作るフレッシュタイプのチーズだそう。知らなかった…

        リコッタチーズで作ったクリームが食べてみたいと思い…
        100g入りのものをカルディで見つけました!
        ricotta1.JPG

        これを軽く1時間ほどザルで水きりし、粉糖20gを混ぜます。
        普通の砂糖だと溶けにくくざらざらするので、粉糖で!
        柔らかいので砂糖を入れて混ぜると簡単にほわほわのクリーム状になります。とっても簡単!
        混ぜて容器に移したところです。
        ricotta3.JPG

        それをビスケットに載せて食べてみると…(冒頭の写真)。
        おいしー!
        今日はこのビスケットを食べて一休みしてからこの記事をかきました。

        クリーミーでマイルド!
        ただ、コクのあるベークドチーズケーキのような濃厚さは、このリコッタチーズにはないですね。

        「ビスケット用のディップ」感覚でお客さんがきた時に気軽にすすめられそうです。

        私はオレオクッキーの2枚くっついたのをはがし、中のクリームを捨てて(ごめんなさい)、このリコッタチーズのクリームをのせました。
        おいしいけど、ビスケット地のほうが味が強いです。
        オレオクッキーはもっと濃厚チーズ味と相性が良いと思います。

        おすすめはクリーミーな味が合う、タルト生地(既製品のタルト型も売っていますね)、または、バタークッキーやサブレかな?と思いました。
         
        JUGEMテーマ:北欧雑貨
        JUGEMテーマ:スイーツ

         
        | 商品のこと | 16:53 | comments(0) | - |
        << | 2/5PAGES | >>