京都、四条で北欧フェア
0

    前回お知らせしていました、京都の洋服地きもの店ミミズクヤさんの「ジャパニーズ・北欧フェア」がスタートしました。

    今日は、追加でロールストランドの食器を置かせていただこうと、四条まで行ってきました!

    とっても素敵な町家です。

     

    P_20170325_135133_500.jpg

    そして、店内は、かわいらしい布の帯や着物がたくさん!みているだけで楽しくなります☆

    綿や綿麻の生地を使っているそうです。

    着物(着付け)初級の方には、着物地が滑らずきゅっきゅっとしめやすく、扱いやすいんだそうです!

    生地は全て日本のものだそうですが、みているとカラフルで幾何学模様も多く、北欧デザインと相性のとっても良いデザインをセレクトされていると思いました!

     

    まだ当店で、ネット販売をスタートさせていない革と木のハンドペイントのサボもダルマさんとこけしをバックになじんでいます。(サボは、現在、イベント出店のみ販売中です)

    P_20170325_141803_1.png

     

    着物も北欧テイストに見えてしまいますね!

    P_20170325_141803.jpg

     

    店内は北欧、ジャパニーズと混在しているのに違和感がありません。

    そして、一つ見せていただいた帯は、広げると・・・亀でした!かわいい!

    P_20170325_140906_600.jpg

     

    ミミズクヤさんの帯

    イワシとサンマが並んでいます。アルメダールスのキッチンタオルのお魚に似てる!?

    P_20170325_141319.jpg

     

    改めて、日本のものってすてきだなって思いました。

    そして、この毬!かわいい!

    配色や柄のセンス、ジャパニーズものも、なかなかイケてます!

    P_20170325_142200(1).jpg

     

    そして、同じくミミズクヤさんに出店している cafe&zakka pöllö の「おやつポッロ」さんのクッキーを今日のフィーカ用に買ってかえりました。

    他にもステキなものが沢山ありましたが、写真をとりそこねてしまいました。

    ミミズクヤさんの北欧フェア、4/5(水)までです。

    | お知らせ | 22:17 | comments(1) | - |
    スウェーデンの定番料理、ミートボール
    0

      meatballs2.JPG

      久しぶりのチャレンジ・スウェーディッシュ!です。

       

      スウェーデンの家庭料理と言えば、ショットブッラル(Köttbullar、ミートボールのこと)が定番です。

      いわゆるミートボールと何が違うのか?と思うかもしれませんが、スウェーデン風になる決め手はソースです。

      ・クリームソースで食べる

      ・リンゴンベリー・ジャムを添える

      ・ゆでたポテトを添える

       

      クリーム系のコクと塩味に、ジャムの甘味(本当においしいものは、酸味がちゃんとあります)を足して、口直しにほくほくのジャガイモを食べると、本当においしい!

      ジャムは必須ですが、なくてもクリームソースだけでも十分おいしいです。

       

      でも…この数年、IKEAのレストランで食べてばかりで、スウェーデンで食べていた味をよく思い出せません。

      スウェーデン語のレシピサイトをいくつかみましたが、家庭の味というだけあって、肉に加える調味料はそれぞれのようです。

      タイムを入れるもの、コショウしかいれないものなど、様々。

      やはり決め手はソースですね。

       

      では、チャレンジ!というほどでもありませんが、気軽に試してみることに。

       

      肉に加えるものは、ハンバーグの要領でお好みで。

      ※クリームソースの塩分が控えめなので、肉にやや塩味がしたほうが良いです。

      4人分

      ・ひき肉:500g

      ・牛乳にひたしたパン粉

      ・玉ねぎ、みじん切り

      ・卵

      ・塩 大さじ1/2

      ・白コショウ ひとつまみ

      ・ナツメグ、またはタイム、など

       

      そしてコロコロと丸め…スウェーデンではフライパンで焼きます。

      焦げ目をつけてから、コロコロと。でも、これがうまくいきません。

      よく使い込んだ慣れたフライパンならいいですが、そうでなければ、ミートボールが壊れてしまいます。

      そこで、私はオーブンを使いました。オーブンのメニューのハンバーグを選択しただけなので、出来上がりまでほったらかし。

      形も崩れずきれい!

      meatballs1.JPG

       

      その間にクリームソースを作ります。

      ・生クリーム100ml

      ・固形スープを溶かしたお湯(または水)50ml程度

      ・コーンスターチ 大さじ1

      これを軽く沸騰させます。

      とろみが足りない場合はコーンスターチの量を調整してください。

       

      そして、普通はこのソースを肉を焼いたフライパンに戻して肉に絡めていくのですが、私はオーブンを使ったのでそうはいきません。

      それにオーブンのお皿にたまった肉汁と油をみると、全部加えるのはちょっと…という気がしてしまいます。

      そこで、オーブン皿にたまった肉汁と油をスプーンですくってクリームソースに2-3杯加えました。

      それだと、ソースの色は白い!でも味見をしたらおいしかったので、白でいくことにします。

      (普通は、ブラウンがかった色味です)

       

      どどーんと大皿に盛って、ソースをかけると、パーティー料理風に華やぎます。

      ぜひ、試してみてください!


      お知らせ

      京都の、洋服生地でステキな着物をつくる「ミミズクヤ」さんにて、北欧フェアに出店します。

      まだネット販売を開始していない木と革のハンドペイントのサボも。(イベントでは販売をしていて好評です♪)

      3/24-4/5まで。

      フェア中、ほかにもステキなお店が出店しますので、ぜひお越しください。

      mimizukuya_01.jpg

      mimizukuya_02.jpg

      JUGEMテーマ:北欧雑貨

      | チャレンジ!スウェーディッシュ | 12:30 | comments(0) | - |
      ふんわり、あたたかアイテム、ビルギッタ・ラーゲルクヴィスト再入荷
      0

        この週末とっても寒いですね!

        当店は、年始のオープンより大阪、金沢と出店イベントが続き、バタバタとしていました。

        遅ればせながら、本年もどうぞよろしくお願いします。

         

        こんな寒い日におすすめなのは、ふんわりあたたかいコットンニットのブランケット。

        スウェーデンスウェーデン、ビルギッタ・ラーゲルクヴィストのアトリエから届きました。

        ただいまセール中です。

        birgitta_largerqvist_blanket.jpg

         

        大判なので肩から羽織るには十分、ひざ掛けには折りたたんでお使いください。

        コットンニットなのでふんわり、そして、丸洗いできます。

        表裏で色が反転します。

        birgitta_largerqvist_blancket_grey600_3.jpg

        birgitta_largerqvist_blancket_image_red_2.jpg

         

        そして、再入荷のお知らせです。

        ビルギッタ・ラーゲルクヴィストのシェトランド・ウールのクッションカバーです。

        今回もごく数点のみの入荷です。

        売り切れ商品のお問合せが続いたため、シーズン中の再入荷となりました。

        寒い冬にほっこりアイテムをいかがですか?

        birgitta_largerqvist_cushioncover_x4_grey_light.jpg

         

         

        JUGEMテーマ:北欧雑貨

         

         

        | 商品のこと | 12:42 | comments(0) | - |
        ココナツオイルと米粉のプチケーキ
        0

           

          先日、シリコンの花形を買いました。形が違うだけでかわいいですね。

           

          それで、米粉とココナツオイルを使ったしっとりケーキを焼いてみました。

          しっとりふんわりでおいしかったです。

          米粉はダマになりにくく、ぐるぐる適当に混ぜてOK(小麦粉はNG)なのでとても使いやすいです。

           

          砂糖は控えめです。ココナツオイルの香りがよく控えめでも風味が良いです。

           

          1.卵一個と、きび砂糖35g

          泡だて器で混ぜます。

          2.牛乳を40ccを加えて混ぜます。

          3.米粉65g、ベーキングパウダー小さじ4分の1を加えてヘラで混ぜます。

          4.液状にしたココナツオイル30g、溶かしバター10gを加えて混ぜます。

          5.180℃で13-14分焼きます。


          <お知らせ>

          12月は、スウェーデンのリネン、Vaxbo linのキッチンタオルをセール中です!

          カラーは、ライムとライトブルーです。

           

          普段使いには高級でついもったいないと思ってしまうのですが、やはりとても使いやすいのです。

          吸水性、通気性がよく、ガラスなど拭き上げた時に繊維の後がつきにくいのです。

           

          私も実際に使用していますが、普段は他のキッチンタオルを使っていても、

          お客さんが来る前に急いで洗った食器を片づけたい時、グラスが足りなくて洗ってすぐに出したい時、

          手にするのは決まってこのリネンタオルです。

          グラスをいくつか続けて拭き上げた時に、グラスの水分がきちんと拭けているのです。※個人の感想です。

          焼いたパンをのせる時にもよく使っています。

           

          また、高級リネンは使うほど、なじんでしっとりした手触りに。

          何度も使って洗って、くたっとした風合いがましてきました。

          セールは今月までです。普段用に、プレゼントに、いかがですか?

           

          北欧伝統のこもの店 グルーナルンデン

           

          JUGEMテーマ:米粉パン

          JUGEMテーマ:北欧雑貨

          | グルテンフリー(米粉) | 16:00 | comments(0) | - |
          クリスマスに向けてヒンメリ作り
          0

            数か月ぶりに記事を投稿しました。

            今年はショップ以外の、北欧イベント関連の仕事に毎月追われ、ブログ更新に手が回らなくなっていました!

            ですが、どんなに忙しい時も手仕事、お菓子作り、本を読んだり…ストレス解消になります。

            ちょこちょこと時間をみつけては続けています。

             

            今回はフィンランドのヒンメリhimmeliを知人が教えてくれるというので、行ってきました。

            ヒンメリは、フィンランドの麦わらの装飾です。

            デンマークのモビールのように、天井からつるして窓辺などに飾ります。

            ですが、ヒンメリはモビールのように単に装飾ではなく、古くからの習慣に由来し「祈りをこめて作りお守りとして飾る」という意味あいもあります。

            単におしゃれというより、素朴な北欧の生活が垣間見えて、ほっこりした気持ちになりますね!

             

            クリスマス風だと赤いタッセルをつけるそうです。

             

            Nさんはフィンランドで沢山ヒンメリを見たそうで、とりあえず基本の形を教えてもらうことに。

            タコ糸を使うのが一般的ですが、今回は毛糸を使います。

            毛糸はよく伸び、柔らかく、麦わらも割れにくいです。

            ただし、針より長い麦わらには通しにくく工夫が必要。

            (即席、針金通しを作ってもらいましたが、わらが割れやすくなります。)

             

            麦わらは入手が限られるので、プラスチックストローで代用できます。

             

            フィンランドで「ヒンメリを作っている」と話すといつも驚かれるそうです。

            「うちのおばあちゃんが作っていたけど…!?」と言われるのだとか。

             

            4cmの麦わら12本で、正8面体を6個作ります。

            8cmの麦わら12本で、正8面体を2個。

            16cmの麦わら12本で、大きな8面体を1個。

            そして全部をつなぎあわせます。

            難しいことは何もなく、おしゃべりやお茶をしながら楽しく作れました。

            ただし、本を読んで、理解して、一人で作るとなると…初めての人にはハードルがやや高い気がします。

            空間図形が得意な方は、パッとイメージでつかめるのかも?

            とはいえ、編み物をしたことがない人が初めて編み図をみた時、よりもまだ分かりやすいです(笑)。

            一度基本を作った経験があれば、後は本をみて作るのは難しくないです。

             

            帰りは、袋に入れて持って帰るとつぶしそうで…そのままの姿で電車に乗って帰りました。

             

            すると、むずむずして、もう一つ作りたくなり…

            左のひし形のものは、帰ってから自分で作ったものです。

            下に紹介した本に載っていました。

             

            ひし形のヒンメリが載っていた本(Amazon)

             


            当店では、北欧の木製品を扱っています。

            メーカーのもの、ヴィンテージ(中古)など。

            木の自然な風合い、柔らかな手触り、木のぬくもりが好きな方におすすめです。

            左からトレイハンガー(中古)、バターナイフ

            下は左からブレッドバスケット、ペーパーナプキンホルダー(中古)です。

            北欧伝統のこもの店グルーナルンデン

             

            JUGEMテーマ:北欧雑貨

             

             

            | 北欧のお話(雑談) | 16:09 | comments(0) | - |
            | 1/13PAGES | >>