CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
OTHERS
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村


北欧(インテリア・雑貨) ブログランキングへ
<< 梅シロップの季節になりました | main | ココナツオイルと米粉のプチケーキ >>
クリスマスに向けてヒンメリ作り
0

    数か月ぶりに記事を投稿しました。

    今年はショップ以外の、北欧イベント関連の仕事に毎月追われ、ブログ更新に手が回らなくなっていました!

    ですが、どんなに忙しい時も手仕事、お菓子作り、本を読んだり…ストレス解消になります。

    ちょこちょこと時間をみつけては続けています。

     

    今回はフィンランドのヒンメリhimmeliを知人が教えてくれるというので、行ってきました。

    ヒンメリは、フィンランドの麦わらの装飾です。

    デンマークのモビールのように、天井からつるして窓辺などに飾ります。

    ですが、ヒンメリはモビールのように単に装飾ではなく、古くからの習慣に由来し「祈りをこめて作りお守りとして飾る」という意味あいもあります。

    単におしゃれというより、素朴な北欧の生活が垣間見えて、ほっこりした気持ちになりますね!

     

    クリスマス風だと赤いタッセルをつけるそうです。

     

    Nさんはフィンランドで沢山ヒンメリを見たそうで、とりあえず基本の形を教えてもらうことに。

    タコ糸を使うのが一般的ですが、今回は毛糸を使います。

    毛糸はよく伸び、柔らかく、麦わらも割れにくいです。

    ただし、針より長い麦わらには通しにくく工夫が必要。

    (即席、針金通しを作ってもらいましたが、わらが割れやすくなります。)

     

    麦わらは入手が限られるので、プラスチックストローで代用できます。

     

    フィンランドで「ヒンメリを作っている」と話すといつも驚かれるそうです。

    「うちのおばあちゃんが作っていたけど…!?」と言われるのだとか。

     

    4cmの麦わら12本で、正8面体を6個作ります。

    8cmの麦わら12本で、正8面体を2個。

    16cmの麦わら12本で、大きな8面体を1個。

    そして全部をつなぎあわせます。

    難しいことは何もなく、おしゃべりやお茶をしながら楽しく作れました。

    ただし、本を読んで、理解して、一人で作るとなると…初めての人にはハードルがやや高い気がします。

    空間図形が得意な方は、パッとイメージでつかめるのかも?

    とはいえ、編み物をしたことがない人が初めて編み図をみた時、よりもまだ分かりやすいです(笑)。

    一度基本を作った経験があれば、後は本をみて作るのは難しくないです。

     

    帰りは、袋に入れて持って帰るとつぶしそうで…そのままの姿で電車に乗って帰りました。

     

    すると、むずむずして、もう一つ作りたくなり…

    左のひし形のものは、帰ってから自分で作ったものです。

    下に紹介した本に載っていました。

     

    ひし形のヒンメリが載っていた本(Amazon)

     


    当店では、北欧の木製品を扱っています。

    メーカーのもの、ヴィンテージ(中古)など。

    木の自然な風合い、柔らかな手触り、木のぬくもりが好きな方におすすめです。

    左からトレイハンガー(中古)、バターナイフ

    下は左からブレッドバスケット、ペーパーナプキンホルダー(中古)です。

    北欧伝統のこもの店グルーナルンデン

     

    JUGEMテーマ:北欧雑貨

     

     

    | 北欧のお話(雑談) | 16:09 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする