<< ふかふかティーコゼとポットホルダー、リコッタチーズのクリームで一休み | main | 冬のアイテム、ビルギッタ・ラーゲルクヴィストBirgitta Largerqvistと、ミトンのレア本 >>
シナモンロール(カネルブッレ)の作り方(スウェーデン版)-ロールストランドの器でいただきます!
0
    スウェーデンで、10月4日はカネルブッレの日でした。
    この記事をアップしようと準備していましたが、ギリギリ10月中に間に合いました!(遅いですが)
    カネルkanelとは、シナモン。ブッレbulleは、菓子パン。
    スウェーデンスウェーデン語、カネルブッレKanelbulleはシナモン・パンのことです。
    ちなみに、レシピ検索などスウェーデン語でするなら、複数形にしてカネルブッラルkanelbullarで探してくださいね。
    kanelbulle1.jpg
    PR:Rorstrandロールストランド(Rörstrandスウェーデン語風ならロシュトランドですね)の食器の取り扱いを始めました。
    スウェーデンで目にして以来、個人的にも大好きな磁器です。
    地中海ブルーとツル草がボタニカルでスウェーデンらしいペルゴラPergola(左)、ヴィンテージでコレクターアイテムとなっているモナミMon amieの復刻版、新シリーズ。どちらのブルーも木のアイテムがよく合います。
    北欧伝統のこもの店 グルーナルンデン

    スウェーデンでは、何はともあれカネルブッレです。
    仕事の合間、授業の合間、お茶の時間、スーパーで今日のおやつを迷った時…。
    ペッパルカーコル(ジンジャークッキー)とカネルブッレ(シナモンパン)は、お茶受けの定番トップです。
    駅のキオスクでは、暖かいカネルブッレ(肉まんのように保温器に入って売られています)とセルフのコーヒーのセット100円ちょっとで買えます。
    寒い冬に電車を待つ間の友でもあり、今となっては思い出の味です。しんみりしてきました。

    さて、このチャレンジ!スウェディッシュは「なんだか良く分からないけど!?やってみよう!」というチャレンジコーナーですが、カネルブッレは既に何度も作りましたー。
    でも、毎回ちょこっとずつ変化があります。
    最近は、米粉に凝っているので米粉を加えるか迷ったのですが、別の食感になるのでやめておきました。
    kanelbulle2.jpg
    カネルブッレって、バターたっぷり、砂糖たっぷり、ものすごい高カロリーな菓子パンです。知ってました??
    少しでも罪悪感を減らそうと、今回は全粒粉を混ぜることにします。上の写真が出来上がりです。
    (全粒粉は皮ごと粉砕するので栄養価が高く、食物繊維も豊富)

    普段パンを作らない方へ
    2回発酵すると聞くと面倒に感じるかもしれません。でも、慣れると発酵タイムに片付けてトイレいって(笑)あっという間に感じるようになります。ぜひ、シナモン香るカネルブッレに挑戦してくださいね!

    全粒粉カネルブッレのレシピ
    レシピは、スウェーデンのICAArlaのレシピサイトを参考に、そこから手を加えています。
    映画かもめ食堂のシナモンロールとは違う成型ですが(有名ですね)、あれはフィンランドフィンランド版です。
    今日は、よくある典型的なスウェーデン版です。

    パン生地(約5cmのミニ・カネルブッレ約30個分) ※焼いたものは冷凍可
    強力粉:400g または、強力粉250g+全粒粉150g 
    (※私が買った全粒粉の袋の裏に、強力粉と全粒粉半々で作るパンのレシピが載っていたので多めにしました。普通は全粒粉を混ぜるなら15%程度がほどよいです。)
    バター:75g 
    (※最近は無塩バターの入手が難しくなりました。有塩バターで作る代わりに塩を入れていません。無塩バターの場合は、塩ひとつかみ入れてください。)
    きび砂糖:30g
    ドライイースト:9g
    牛乳:200cc
    カルダモンの粉:小さじ1 ※お好みで(入れると、本物っぽい味に)

    フィリング
    バター:50g
    砂糖:35g
    シナモン:大さじ1

    仕上げ
    スウェーデンのパールシュガー(後述)、または、あられ糖。(または、粉糖で溶いたアイシング):適量
    ツヤ出し用の卵:適量

    作り方
    1.牛乳を鍋でひと肌に(40度)。砂糖、ドライイースト、(カルダモン、塩)を入れて溶かします。
    2.小麦粉、全粒粉に1と、電子レンジで溶かしたバターを加えます。
    最初は、べちゃべちゃで、手で混ぜたくない見た目です。ある程度混ざるまでフォークなどで混ぜます。
    フォークと言いつつ…バターをカットしたナイフをそのまま使っちゃいました。
    kanelbulle_recipe1.jpg
    3.1+2が馴染んできたら手で捏ねます。15分目安に頑張ります!
    4.一次発酵30分。湿った布(キッチンペーパー)で覆い、電子レンジにお湯をはったコップとともに入れて閉じて放置です。
    1.5〜2倍に膨らみます。

    5.ミニ・ロールにしたいので、生地を2等分にして2回成型します。
    作っている間、もう半分は乾燥しないよう濡れた布をかけたままにしてくださいね!

    打ち粉をはたいて、めん棒で5mm位の厚さ、長方形に伸ばします。
    大体ですが25cm×50cmくらい。アバウトで大丈夫ですが、楕円になったら切って貼ってまた伸ばします。
    kanelbulle_recipe3.jpg
    6.溶かしバターにシナモンと砂糖を加えよく混ぜたものをバターナイフ等で塗っていきます。
    溶かしたばかりだとサラサラで塗れず、冷えるとねっとり固いので、その間の温度が塗りやすいです。
    (シナモン&シュガーをかけるだけ、という簡単レシピもあります。)
    kanelbulle_recipe4.jpg
    そして、ここからが一番好きなパートです!

    7.ロールして巻いていって、2〜3cmの厚さでカットします。
    ちょっとつぶれてもOK!手でぽよんぽよんと押して丸く整えます。ロール1本で15~16個できます。
    kanelbulle_recipe5.jpg
    8.それをもう半分の生地で同じことをします。2本あわせると合計30個強できます。(焼いたものは冷凍可)

    9.二次発酵。同じように、湿った布をかぶせ(寒い季節は)お湯をはったコップとともに電子レンジへ。
    30分放置し1.5倍ほどに。

    10.艶出しに溶き卵を塗って、パールシュガー(後述)、またはあられ糖をふります。
    kanelbulle_recipe6.jpg

    11.220度のオーブンで8〜10分焼きます。
    焼けてほどよく盛り上がると、それっぽいです!
    ちなみに「こんがり茶色になるまで焼く」のですが、白っぽいのでつい10分以上焼いて、パサパサになってしまいました。
    色については、おそらく、艶出しの卵や砂糖の具合などあると思います。
    kanelbulle3.jpg

    pärlsocker(パール・シュガー)
    日本で売っていないのでスウェーデンに行ったら買っておくことをお勧めします。
    フィリングの甘さだけでは、菓子パンとしては物足りなく
    (甘いものが苦手な方には程良いです)、菓子パンらしい甘さのアクセントを出すのが、上にパラパラとふったパールシュガーなのです。
    日本では、あられ糖で代用できますが、食感が異なります(サクサクとガリガリの違い)。

    粉糖を牛乳か水で溶いてアイシングでもOKです。アメリカン・タイプではよく見ますね!
    ただ、シナモンの香りが立つので温めて食べたいところですが、そうするとアイシングが溶けてしまうのが難点。

    私は今回、ワッフルシュガーで代用しました。
    カケラが大きすぎて砕いて使いましたが…面倒な上にあまりうまくいきませんでした。

    30個焼くと圧巻ですねー。小さいので冷凍しても、解凍しやすいサイズです。1個、直径5cmくらいです。
    kanelbulle4.jpg
    【後日談】
    シナモンが余ったので、もっと簡単なアメリカンなちぎりパン・タイプをよく焼いています。
    cinamon_roll3.JPG
    PR:冒頭でも使用したロールストランドのプレート。モナミとペルゴラです。
    とっても華やか。でもブルーで派手にはなりません。
    真っ白なチーズケーキ、グリーンレタス、こんがりロースト肉、ルビー色のイチゴ…食材の色が引き立ちそうです。
    rorstrand_monamie_pergola_plate.jpg
    北欧伝統のこもの店 グルーナルンデン

    JUGEMテーマ:スイーツ
    | チャレンジ!スウェーディッシュ | 00:37 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする