CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
OTHERS
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村


北欧(インテリア・雑貨) ブログランキングへ
<< アロマ蚊よけスプレーをつくりました。(アルメダールスAlmedahlsのキッチンタオル全品セール!) | main | スウェーデン刺繍本、古書の新着 >>
手作りアロマ蜜蝋クリーム
0

    お知らせお知らせ:スウェーデン刺繍の本、入荷しました。近日、掲載予定です。

    さて、アロマに興味が出て、虫よけスプレーも作り、さわやかに過ごしています!
    次は、ミツロウクリームを作ります!
    beeswax5.JPG

    虫よけクリームにしようかと思ったのですが、せっかく作るなら気分を変えてアロマコスメにしますセイタカキリンソウ
    (ハンドクリーム、フェイスクリーム、リップクリームに使えます)

    参考にしている本は、前回も紹介した「あたらしいアロマテラピー事典」
    すっきりしたデザインが気に入っています。


    ミツロウは、蜜蝋(bees wax)と書くのですが、蜂から来ています。
    抗菌、抗炎、保湿の効果が期待できる優れものき
    ミツバチの巣から採取されるワックスで、黄色い未精製のものと白い精製のものが売っています。
    未精製は花粉やプロポリスなどが残り、精製したものは白く漂白され不純物も少ないのですが、どちらが良いということはなく好みのようです。
    注意精製、未精製、どちらも天然のもの。ハチにアレルギーのある方は注意してください。

    作り方はとっても簡単です!
    beeswax1.JPG
    ・湯煎にかける耐熱容器(カップなど)
    ・クリームケース
    ・ミツロウ2g
    ・ホホバ油10ml ※刺激が少なく保湿力があります。
    ・好みの精油1〜3滴

    夏場に作っても、出来上がりはクリームというよりもっと固い感じに仕上がりました。
    季節や好みで固さ(ミツロウと油の比率)は調整してください。

    クリームケースは、百均で買いましたー!
    まずは水で洗い、水滴が残らないよう丁寧に拭きます。
    beeswax3_linen.JPG
    セールこのリネンは当店で扱っているスウェーデン製です。
    吸水性が良く、しっとり柔らかいリネンの手触りがお気に入りです。
    この小さなケースも、水滴がストレスなくサッと拭けました水滴 ※個人の使用感です。
    スウェーデンで麻と言えばヘルシングランド地方(Hälsingland)が伝統的に有名。
    そのヘルシングランドの高級ブランドです。
    セールVäxbo linのリネン100%製品 7/26(日)まで10%off

    さてさて、ミツロウとホホバ油を耐熱容器で湯煎で溶かしていきます。
    ミツロウは60度くらいで溶けます。
    beeswax2.JPG

    そしてケースに移します。
    (私が買った百均のケースは耐熱80度。熱いので注意してください)
    移すそばから、温度が下がってミツロウが固まります。
    注意液体のミツロウを排水に流すと、固まって配管が詰まるので注意!
    ペーパーで丁寧に拭き取ってから洗います。

    そして精油を3種を水滴1滴ずつ入れ、つまようじで混ぜ混ぜ…。
    実はこの1滴って難しいんです!!!
    出ないから頑張って振るとポタポタっと泣き2滴!?とかなっちゃいます。
    beeswax4.JPG

    精油は、手持ちからスキンケア向きのものを選びました。
    本当は一種類でいいのでしょうが、欲が出て、あれもこれも入れたくなるんです…

    葉ラベンダー:万能の精油と呼ばれる。抗炎、抗菌、リラックス
    葉フランキンセンス:スキンケアとしては、エイジング効果(シワ、たるみ)
    葉ゼラニウム:スキンケアとしては、皮脂バランスを整える効果
    注意精油は、乳幼児、妊娠中、持病といった禁忌確認が必要です。
    注意出来上がったものは半年以内に使用します。

    手に塗ってみると…、香りがふわっとして感激ですニコッ
    使用感は、ロウと油ですので…重たい汗
    塗っている感は持続しますが、残念ながら香りは何時間も残りません。
    これなら虫よけクリームにしても、持続力はあまり期待できないかも。

    べたつきが気になる方はお休み前のクリームおやすみが良いと思います。
    木枯らし冬の乾燥肌にはいい感じじゃないでしょうか!?
    これを書いているのは7月下旬の夏真っ盛り太陽なので想像ですが…

    ちなみに、私は市販の有名な化粧水や洗顔は、顔がひりひりして赤くなるタイプです。
    今のところ、自分で作った高濃度虫よけスプレーや、アロマクリームでかぶれは出ていません。

    私が使ったミツロウ(未精製)とホホバ油です。

    JUGEMテーマ:アロマテラピー
    | 日々のつぶやき | 15:14 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする