CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
OTHERS
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村


北欧(インテリア・雑貨) ブログランキングへ
<< 夏にぴったり、プリンセストータ(プリンセスケーキ)を作りたい! | main | さわやかハーブティー >>
北欧の白樺で編んだ雑貨(白樺細工)バスケット10%offアリ
0
    IKEAのテーブルクロスで夏気分になりました!

    以前、IKEAのテーブルクロスで春気分という記事を書きました。
    年に2-3回は季節に合わせてクロスを変えています。

    このブルーのクロスは数年前から夏バージョンとして使用しています。
    ちなみに、真っ赤な子供用の椅子が写っていますが、これもIKEAです。
    summeroilcloth.jpg

    ターコイズブルーがとってもさわやかでお気に入りです!(もちろん防水加工!)
    残念ながら今は売っていません。(以前は、雑誌のカットでもさりげなく写り込んでいるのを時々目にしていたくらい定番のイメージがありました)

    今年のIKEAは「Sommar2015」(sommarはスウェーデン語で「夏」)という名前でグリーンの梨や赤やピンクのラズベリーのデザインを出しています。
    これはsommar2015シリーズの、防水加工テーブルクロスです。
    sommar2015のリンク元は全て楽天ショップです)

    テーブルクロスは何枚もあるので、先日私がIKEAで買ったのはsommarシリーズのペーパートレイを2種類。
    ペーパーナプキンもつい買ってしまいました。見ていると、夏が来た!とワクワク気分です!

    でも、いつものことながら、もったいないと言って使わないままコレクションになりそう…ゆう★
    (使用したら捨てると思うと、もったいない!気分に)

    さて、皆さんは北欧の伝統工芸と言えば、何を思い出しますか?
    馬馬の置物(ダーラヘスト)を思い浮かべる方も多いかもしれませんね。
    木を使ったものや、ペイント(クルビッツ)など有名ですね。

    木今日は、スウェーデンから入荷したヴィンテージの白樺細工を紹介したいと思います木

    白樺細工は最初は白っぽい色で、年月を経てウイスキーのような濃い色合いに変化していきます。

    白樺の一番外側の白い樹皮を剥いで、さらに樹皮を剥いでリボン状にし下準備をしそして編んでいきます。

    木日本では長野や北海道など寒冷な地で白樺をみますが、北欧ではもちろん白樺はよく見かける木です。
    ですが、良い樹皮(それも一年で一定期間しか剥せません)を入手するのはいつも難しく、また下準備にも手がかかります。
    大き目のバスケットになると日本円で数万円…エクステンション
    でも、その丈夫さ、自然の風合い、折り目の美しさなどで、とっても根強い人気があるのです。

    こちらは、ヴィンテージ商品で実際に北欧の家庭で使われていたものです
    色も濃い色に変化しています。
    ペーパーナプキンを入れる白樺細工のトレイ ※ペーパーナプキンは付属していません。
    vintage_birch3.JPG

    白樺細工のトレイハンガー(トレイホルダー)※トレイは付属していません。
    ※下記とは別に、お得な訳ありのトレイハンガー【1000円off】もあります。
    vintage_trayhanger2.JPG

    セールセールセールセールセールセールセールセールセールセール
    フィンランドのVerso designから伝統とモダンデザインを融合させたブレッド・バスケットも人気商品ですき
    白樺のバスケットで、持ち手がフェルトです。
    こちらはビンテージではなく新品で、さわやかな白っぽい色です。
    かご2015年7月12日まで10%offですかご
    versodesign_bascket1.jpgversodesign_bascket6.jpg

    自然の温かみが感じられる北欧の伝統の白樺細工、普段使いにいかがですか?

    北欧伝統のこもの店 グルーナルンデン
    | 商品のこと | 16:39 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする