CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
OTHERS
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村


北欧(インテリア・雑貨) ブログランキングへ
クリスマスに向けてヒンメリ作り
0

    数か月ぶりに記事を投稿しました。

    今年はショップ以外の、北欧イベント関連の仕事に毎月追われ、ブログ更新に手が回らなくなっていました!

    ですが、どんなに忙しい時も手仕事、お菓子作り、本を読んだり…ストレス解消になります。

    ちょこちょこと時間をみつけては続けています。

     

    今回はフィンランドのヒンメリhimmeliを知人が教えてくれるというので、行ってきました。

    ヒンメリは、フィンランドの麦わらの装飾です。

    デンマークのモビールのように、天井からつるして窓辺などに飾ります。

    ですが、ヒンメリはモビールのように単に装飾ではなく、古くからの習慣に由来し「祈りをこめて作りお守りとして飾る」という意味あいもあります。

    単におしゃれというより、素朴な北欧の生活が垣間見えて、ほっこりした気持ちになりますね!

     

    クリスマス風だと赤いタッセルをつけるそうです。

     

    Nさんはフィンランドで沢山ヒンメリを見たそうで、とりあえず基本の形を教えてもらうことに。

    タコ糸を使うのが一般的ですが、今回は毛糸を使います。

    毛糸はよく伸び、柔らかく、麦わらも割れにくいです。

    ただし、針より長い麦わらには通しにくく工夫が必要。

    (即席、針金通しを作ってもらいましたが、わらが割れやすくなります。)

     

    麦わらは入手が限られるので、プラスチックストローで代用できます。

     

    フィンランドで「ヒンメリを作っている」と話すといつも驚かれるそうです。

    「うちのおばあちゃんが作っていたけど…!?」と言われるのだとか。

     

    4cmの麦わら12本で、正8面体を6個作ります。

    8cmの麦わら12本で、正8面体を2個。

    16cmの麦わら12本で、大きな8面体を1個。

    そして全部をつなぎあわせます。

    難しいことは何もなく、おしゃべりやお茶をしながら楽しく作れました。

    ただし、本を読んで、理解して、一人で作るとなると…初めての人にはハードルがやや高い気がします。

    空間図形が得意な方は、パッとイメージでつかめるのかも?

    とはいえ、編み物をしたことがない人が初めて編み図をみた時、よりもまだ分かりやすいです(笑)。

    一度基本を作った経験があれば、後は本をみて作るのは難しくないです。

     

    帰りは、袋に入れて持って帰るとつぶしそうで…そのままの姿で電車に乗って帰りました。

     

    すると、むずむずして、もう一つ作りたくなり…

    左のひし形のものは、帰ってから自分で作ったものです。

    下に紹介した本に載っていました。

     

    ひし形のヒンメリが載っていた本(Amazon)

     


    当店では、北欧の木製品を扱っています。

    メーカーのもの、ヴィンテージ(中古)など。

    木の自然な風合い、柔らかな手触り、木のぬくもりが好きな方におすすめです。

    左からトレイハンガー(中古)、バターナイフ

    下は左からブレッドバスケット、ペーパーナプキンホルダー(中古)です。

    北欧伝統のこもの店グルーナルンデン

     

    JUGEMテーマ:北欧雑貨

     

     

    | 北欧のお話(雑談) | 16:09 | comments(0) | - |
    IKEAのこねないパンミックス
    0
      winterholiday.jpg
      冬をあたたかくするこもの、セール中 北欧伝統のこもの店 グルーナルンデン
      年末年始の営業:12月26日(土)〜2016年1月5日(火)までお休みします。
      12月25日(金)にご入金確認がとれた場合(お振込みは正午まで。クレジットは0時まで)、26日に発送業務のみ営業いたします。
      それ以降にご注文、ご入金いただいた場合は、1月6日以降にご対応させていただきます。何卒よろしくお願いいたします。
      今年のルシア(12月13日)はいかがお過ごしでしたか?
      私は阪神百貨店の北欧フェアでのお仕事の後、ルシア祭の週末は風邪をひいてしいました。
      鼻づまりが頭痛になって辛く、今年はルッセカッテル(ルシアで食べるパン)を作りませんでした。
      ちなみに、以前も少し書きましたが、お湯をはった洗面器に精油(ユーカリとティトゥリー)をたらして上からバスタオルをかぶる方法で今回も復活しました!(私は副鼻腔炎なのですが、ユーカリが特に効くそうです。ほんとに効きました!)

      さて、ルッセカッテルを作らなかったなーと食品庫をのぞくと、あ!見つけてしまいました。
      以前、IKEAイケアで買ったパンミックス。賞味期限が12月18日!作らなくっちゃ!
      という訳で、IKEAに行っても買う人が少ないんじゃないか(勝手な推測です)と思い、できるまでをレポートします☆
      ikea_bread1.jpg

      裏の説明を見ると、23cm×13cmのパウンド型に流し込むと書いています。それはデカイ!
      それをLLサイズとすると、うちにあるのはMサイズくらい。
      なので、100均のパウンド型を買ってきてMサイズ×2個にして作ることにします。

      作り方
      45度のぬるま湯600mlを紙箱の中に直接入れてシャカシャカふって、発酵して焼く。以上。簡単!
      最近よく耳にしますが、まさに「こねないパン」ですねー。

      ぬるま湯を入れて振ったところです。
      ikea_bread2.jpg

      そして型に流し込み、発酵させます。(私は、オーブンにお湯をはったコップとともに入れて放置してます)
      ikea_bread3.jpg

      はい、焼けました。200度で60分焼くのですが、55分にしてみました。
      もう少し短くても良さそうです。表面がカリカリというよりガリガリで。
      ナイフをいれてノコギリのようにギーギーっと切りました。
      でもガリガリは上面だけ。中はしっとり良い感じです。
      ikea_bread4.jpg

      焼けると、すっごいライ麦パンの爽やかな(酸味のある)香りがします!
      でも味は、酸っぱくありません。
      時々、日本のパン屋さんでライ麦パンを買って、あまりのすっぱさにびっくりしてしまうことがあるのですが、そういう酸味のあるタイプのライ麦パン、名前を忘れましたがドイツパンにあるみたいですね。
      スウェーデンでは、一般的に食べる真っ黒でどっしりしたライ麦パンやふわふわライ麦パンは、びっくりするようなすっぱさはありません。
      そのマイルドなスウェーデンのライ麦パンと同じ味がします。
      ikea_bread5.jpg

      昨日の夜寝る前に焼いたものを、今朝いただきました。
      合わせるのは、IKEAイケアのチーズ。ちょうど前の週に頂いたのです。良かったー!
      スウェーデンのprästプレストというチーズ、ヴェステルボッテンのチーズなど、小さな気泡がぷつぷつあるセミハードタイプのチーズが一番あいます。これでコーヒーが何杯もいけます!
      さわるとしっとり、ほろほろしたセミハードですが、スウェーデンのこうしたチーズは日本ではIKEAでしか買えません。
      (もし他で売っていたら教えてください!ノルウェーやデンマークチーズは百貨店などでも売っていますが全く味が違います)

      スウェーデンのチーズがなければ、こういう個性的な黒パンは、発酵バター(ヨーロッパでは発酵バターが標準)や、パルメザン(粉じゃなくてブロックのチーズ)や熟成タイプのゴーダチーズなど、コクのある濃厚なチーズが合うと思います。

      IKEAのチーズ(prästプレスト)
      ikea_cheese1.jpg

      こういうブロックで買うチーズは、はしっこのワックス(写真では右端)は食べられません。
      ナイフを入れると簡単にとれます。
      ikea_cheese2.jpg

      そしてチーズスライサーで。
      ikea_cheese3.jpg

      スライサーは、スウェーデンで買った400円くらいのものから、お土産で頂いた立派なものまで何本かありますが、使いやすさは値段にあんまり関係ないです。一つあるとチーズ好きには便利です。オープンサンドなんかも作りやすいです。


      いただきまーす。(おいしい!)
      ikea_bread6.jpg

      さて、今年のクリスマスディナーは何を作ろうか思案中です。
      25日は阪急百貨店の北欧クリスマスマーケットでお仕事。
      あんまり時間がとれないので、24日にしっかり作ってしまいます。
      なぜか、スウェーデン料理よりも、アイルランド(イギリスかも?)のシェパーズパイを一度作ってみたくて。
      でも、ラザニアを一から作りたいなぁとかも。
      皆さんはどんなメニューを考えていますか?

      JUGEMテーマ:北欧雑貨
      | 北欧のお話(雑談) | 13:06 | comments(0) | - |
      長靴下のピッピ、北欧の切り絵など。
      0
        冬を彩る、あったかい小物、ミトンやカップのセールを予定しています。
        現在、準備中です。
        北欧伝統のこもの店 グルーナルンデン
        wintersale2015.jpg
        昨日は打ち合わせに阪神百貨店へ行ってきました。(阪神百貨店 北欧フェア
        時間がなかったので、関係者一同集まっての紹介から重要な確認もなにもかも。
        全部一気に、うわーっ!!!と、いつもの5倍速でしゃべって帰ってきました。

        帰宅してほっと一息は、シュトーレンです。アップル&フルーツのハーブティーでいただきました。
        この季節になると食べたくなる、アドベント菓子ですね。
        ※advent(アドヴェント)とは、クリスマスの4週前から始まる、キリストの生誕を待ち望む待降節のクリスマス期間のこと。

        stollen2.jpg
        シュトーレンStollenは、元々ドイツの菓子パンで、洋酒やドライフルーツがたっぷり。
        そして、周囲に砂糖もたっぷり。
        この粉砂糖が、アドヴェントの4週間かけて中へじっくり染み込み、日を追うごとにしっとりするのです。

        で、せっかちな私は、毎日1−2切れ食べると1週間以内で胃袋へ消えてしまうので、大抵二つ買います。
        一つは、早く食べて、一つはじっくり寝かせて。
        最初は、パサッと、どさっとしています(それもおいしい!)。
        以前は、ドイツパンで有名な神戸の「フロインドリーブ」からお取り寄せしていました。
        ここのシュトーレンが一番おいしいです!
        でも、今回はアルションで買いました。アルションは、フランス、イタリア系のお店なのですが、味はフロインドリーブに匹敵するおいしさ!
        しっかりと分厚く粉糖にくるまれていますよー。
        stollen1.jpg

        さて、阪神百貨店の北欧フェア、今年は当ショップは出店しません。ちょこっとだけ企画に関係しています。
        今年のフェアの目玉は少しアートよりで、長靴下のピッピ、そして切り絵作家のアグネータ・フロックさん。

        スウェーデンの児童文学といえば、アストリッド・リンドグレンAstrid Lindgrenですね。
        たくさん、すてきな本を書いています。(リンクはamazon)
        長靴下のピッピ Pippi Långstrump
        ピッピシリーズの中で、私のお気に入りが「ピッピ、お買い物にいく」です。
        大人をとことん困らせたり、お菓子をお腹いっぱい、こんな話は子供たちの憧れだなーと思いました。
        そして、「やかまし村」も大好きです。物語にひきこまれるというより、ほのぼのとした幸せな気分になります。

        ロッタちゃんシリーズ

        そして、アストリッド・リンドグレンの挿絵のイングリッド・ニイマンIngrid Nymanも私は大好きなんです。
        カラフルなタッチ、遠近の大胆な構図がストーリーを生き生きとさせているんだなーって思います。
        このピッピの本やポストカードが北欧フェアでは並ぶようです。
        また、「ピッピちゃん、こんにちわ」を出した絵本作家の本間ちひろさんのトークイベントもフェア開催中毎日あります。
        打ち合わせでご本人にお会いしましたが、ピッピを愛してやまない、とっても素敵な方でした!

        さて、もう一つスウェーデンの切り絵作家アグネータ・フロックAgneta Flockさん、ご存知ですか?
        幻想的な作品に引き込まれます。
        阪神百貨店の北欧フェアでは、アグネータさんの、原画はカレンダーが販売されるそうです。

        また、12/4と12/12に、以前放送されたアグネータさんの特集が、NHK BSプレミアムで再放送されるそうです!
        企画されているContactさんによる紹介ページ
        私は、実は、どこかで見たかも?くらいでほとんど知りませんでしたが、この紹介ページの写真をみるだけで、ご本人の赤い家、きれいな赤い髪に、もう森のファンタジーの気分です。
        2015.12.3〜12.27まで、JR京都伊勢丹の美術館で展示会もあります。

        それでは、北欧文化を楽しみながら、寒い冬を暖かくすごしましょう!

        JUGEMテーマ:北欧雑貨
        | 北欧のお話(雑談) | 12:31 | comments(0) | - |
        | 1/3PAGES | >>