スウェーデン、ハンドペイントのクロッグス(サボ)がかわいい!
0

    スウェーデンのサボ(クロッグス)をご存知ですか?

    スウェーデンでは、甲の部分が革でインソールが木でできた、「サボ」と呼ばれるサンダルのような靴があります。英語では「クロッグスclogs」、スウェーデン語では「トレースコールträ skor」と言います。

    trasko_bk2_text.jpg
    ヨーロッパへ旅行に行くとお土産コーナーで飾りの置き物ような木靴がありますが、工芸品の置き物ではありません。

    サボはスウェーデン国内で実用的な履き物として流通しています。

    一般的な靴屋さんで売っているものは、革の部分が黒や茶色のシンプルなものが主流で、ころんとしたシルエットが特徴です。

    ジーンズやワンピースと合わせても、厚手のタイツで履いてもかわいいです。


    カジュアルで素朴で、日本の下駄の感覚に近いかもしれません。

    ですが平らに作られた下駄と違って、インソールが足裏に沿った自然なカーブのため疲れにくく、地面に接地する面はゴムなので、履きやすく作られています。ただし、木の重みで長時間歩くには適さないと思います。

    trasko_inside.jpg

     

    こうしたサボに、スウェーデンダーラナ地方の伝統工房の職人(赤い馬の置き物、ダーラナホースを絵付けする職人)がハンドペイントで一足ずつ伝統的な絵を描いたもので、色、柄、デザイン、全てが一つずつ異なる、一点ものです。

    trasko_rd1.jpg

     

    販売について

    2019年11月より、京都、ミミズクヤにて委託販売中です。

    洋服地を使ったオリジナルな世界観の着物を販売するミミズクヤさん。京都のひっそりした町家の素敵なお店です。在庫僅かのため、サイズや在庫をご確認の上、ご来店されることをおすすめ致します。

     

    当店でのサボの販売は、主に関西でのイベント出店が中心です。次回の出店は、11/30 GyuUポケ in 滋賀竜王 です。在庫僅かのため、購入ご希望の方はサイズを事前にお問い合わせください。

     

    オンラインショップで購入されたい方

    現在ページ準備が間に合っていないため、当店オンラインショップの問い合わせフォーム(メール)よりお尋ねください。
    ※在庫が残り少なく、特に大きめのサイズは欠品しております。

     

    サボの委託販売の紹介ページ

    素材:牛革、天然木、ゴム底

    参考価格:18,000円〜20,000円

     

    オンラインショップ 北欧伝統のこもの店グルーナルンデン

    | 商品のこと | 09:52 | comments(0) | - |
    ピンクのプリンセスケーキ
    0

      前回、プリンセンスケーキを作ってから早数年…。久しぶりに作りました。

       

      プリンセスケーキ、スウェーデン語でプリンセストルタと呼ぶこのケーキは、鮮やかなグリーンが定番です。IKEAに行くとピンクのミニサイズが売っているので、娘の誕生にピンクを作ってみました。

       

      レシピは、以前のブログを見返して分量など同じように作りました。着色料は赤を使いました。

      すっかり忘れてしまったので、まず何をして、という手順や流れをYoutubeで一度見てから作りました。

       

       

      粉糖をふるいにかけるものがなく、ザルでやったので、粉糖が上品にはなりませんでしたが、味はとってもおいしかったです!

      マジパンを作ったことがなかったり、アーモンドパウダーをどーんと買うと高いので、ハードルが高い気がしてしまうのですが、本当に簡単にできます。

      スポンジは市販のものを買ってきました。中は、ホイップとカスタード、酸味のあるフルーツジャム。

      バラを作るのが、子どもの頃の粘土遊びみたいで面白かったです。

       

      さて、お知らせです。フィンランドの紅茶、Nord-T、入荷しました。

      期間限定セール中です。2300円⇒2000円(税別)

      一番人気はシナモンロール風味のお茶です。詳しくは一つ前のブログで紹介していますのでご覧ください。

      お茶を森でいただく、すがすがしいNord-Tの動画です。

      ほっと一息つく休憩に、おすすめです。

      北欧伝統のこもの店グルーナルンデン

      JUGEMテーマ:スイーツ

      | チャレンジ!スウェーディッシュ | 13:58 | comments(0) | - |
      フィンランドのオーガニックティー
      0

        フィンランドのオーガニック、クラフトティー、Nord-T(ノードティー)の紹介です。

        クラフトビールはよく聞きますが、「クラフトティー」はまだ耳なじみがありませんね。

        手工芸をハンドクラフトとも言いますが、クラフトは「手作り」「職人による」といった意味合いで使われます。クラフトビールだと、地元産の地ビールのことです。

         

        このフィンランドのクラフトティーは、オーガニック茶葉に、フィンランドの森で手摘みしたハーブやベリーを手作業で職人がブレンドしたものです。添加物や香料も不使用で、自然の恵みを感じるお茶です。※フィンランドで入手できないものもあり、全ての原料がフィンランド産ではありません。詳しくは、Nord-Tの公式サイトをご覧ください。

         

        Bear Hug 緑茶ブレンド、Moose on the loose紅茶ブレンドを飲んだ感想>※個人的な感想です。

        まず蓋を開けると、茶葉の香りと、茶葉だけではない森の香りがします。この時点で特定できるベリーの香りはあまりしません(シナモンやハーブ等、種類により、しっかりした香りがします)。お湯を注いで待つこと数分…。味は、北欧の紅茶は渋みが少ないものが多いですが、このノードティーもすっきりと飲みやすいです。香りは、私は普段は香料入りのフレーバーティに飲みなれているので、正直にいうと、初めて飲んだ時は香りが弱い?と思ってしまいました。

        飲みすすめると、すっきりした味の茶葉をベースにベリーやハーブの香り、味がほのかに感じられ、自然の風味が楽しめました。

         

        そして、一缶飲み終える頃、以前からよく飲んでいた他ブランドのフレーバーティーを飲むと違和感が…。香りがきつく感じられ、人工的な香料が分かるようになっていました。

         

        香りについては、例えば

        ベリーそのものにお湯を注ぐか、ベリーの香りをつけるか

        全く風味や後味が異なるのは容易に想像できるかと思います。

        (もちろん、香料入りでも茶葉とバランスのとれた上品でおいしい紅茶はたくさんあります!)

        興味のある方はぜひ試してみてくださいね。

        ※香りが一番はっきりしているのがSunset at noon。シナモンロールのような風味で人気商品です。

         

        オンラインショップでは新規入荷としていますが、イベント出店で以前から販売していてたため既に在庫わずかとなっています。

        この機会にお試しください。

        北欧伝統のこもの店グルーナルンデン

        | 商品のこと | 14:03 | comments(0) | - |
        イベント出店による店休日
        0

          先日は、奈良の川上村に出店をしました。

          たくさんの方にお買い上げいただきありがとうございました。

          「これ、かわいい!」「クリスマスにぴったり!」

          そんな声を直に聞いていると、こちらまで楽しくなります!

           

          さて、次は11/23(金)〜25(日)まで、東京(代々木の)オリンピックセンターで開催される、ニッケルハルパ協会の年に一度の音楽イベントに出店させていただきます。

           

          出店まで準備や発送作業があり、本日よりオンラインショップをお休みさせていただきます。

          どうぞよろしくお願い致します。

          イベントでは、入荷したばかりの、フィンランドのクラフト・ティーもセール価格にて販売します。

          ※シナモンとカルダモンの紅茶は好評で既に売り切れてしまいました。

          | お知らせ | 16:34 | comments(0) | - |
          初夏のイベント出店
          0

            最近は、色々な業務が忙しく、ネットショップに商品を掲載しないままイベント出店のほうで販売することが多くなってきました。ネットショップの商品をチェックしてくださっている皆さま、本当に申し訳ございません。夏に時間がとれましたら、本などを中心にアップしたいと思います。

             

            5月26日松阪市で開催された第3回北欧の森音楽会に出店してきました。参加は今年で2回目です。

            去年は山の中、大自然の中で雰囲気も良く、今年は少し街に近づきましたが、程よい木々があり小さな森のようでした!

             

            こちらは、現地買付の北欧の伝統柄リボン。様子をみて、大量仕入れするかどうか検討しているところです。

            伝統的なリボンは手織りで高価で厚みもありますが、機械織りのものが入手しやすく厚みも程よく扱いやすいです。

            手織りでも機械織りでも、織ってあるので柄は裏と表両方に出ます。(色柄は反転します)

            写真のダーラナホースのリボンは刺繍です。

            ribbon_event201805.JPG

             

            こちらは、人気のサボです。甲の部分は革で、足裏の当たるところが木、靴底面はゴムです。

            お土産品というよりも、実用的に履ける靴として作られています。

             

            お店のテントからの眺め。お天気もよく、ほどよく曇って風もあり、音楽と共に心地よかったです!

            写真右のキノコ柄はいつも人気です。

             

            お隣は古本屋さんでした。北欧ものをセレクトしていました。

            アストリッド・リンドグレンのステキな絵の本、そしてリラ・アンナを見つけたので2冊購入。

            米蜜ビスケットは、別のフードのショップにて。優しい味でした。

             

            | お知らせ | 13:23 | comments(0) | - |
            | 1/15PAGES | >>